光害?いきなりの洗礼

3cbceb7275c7661c855d629a892f5b2c_m

これはつい先日の話しです。
私は半年ほど前に分譲建売を購入し、念願の一戸建てに住み始めました。
元々電気工事を仕事にしていた私は念願の一戸建てを手に入れたこともあり、自分の好きにいじろうと考えました。
まず思いついたのが、駐車場が暗い、駐車場に電気をつけよう。ということでした。
そこでDIYにて駐車場に電気を取り付けて車での作業を楽に、ついでなので庭を歩くために照らすアプローチライトも取り付けました。
よし!明るくなった、これで暗くなってからの駐車場で荷物の出し入れも楽になるし、玄関まで歩いて行くのにも楽になる。
そう思っていました。
それから数日後。
仕事から帰ると郵便ポストに隣の家からの書き置きが。
「明るい電気をつけたせいで我が家が照らされているようで落ち着きません。玄関の電気を消してもあなたの家の電気が明るくてついでいるのかと思って何度も確認してしまいました、対処してください。」
夜になると真っ暗な道路。お隣の家の玄関灯もとても暗く防犯的にもよろしくないとも思い取り付けたライト。
なのに明るすぎるということなんだろうか?もしも自分の家だったらどうだろう。
と、考えてみるも明るいほうが私はいい。
何せ田舎なのもあって、消してしまっては真っ暗なのです。
しかしこちらは新参者。アパートなら嫌なら引っ越していけばいいものの、念願の一戸建てを購入したのでこれから先長く住んでいかなければなりません。
ここはグッとこらえて言われるがまま対処することにしました。

光への配慮

bd49ddc26c5e5255f0425626464a36af_m
まずは駐車場用ライトをお隣さんの家に光が当たらないようにします。
ライトを取り付けてあった面から違う面に取り付け直します。
これで隣の家へは完全に光が行きません。
次に庭につけたアプローチライトですが、これは向きを変えるわけにはいかず。
どうしようか迷った末に出した結論は、隣に壁を作ってしまう。
これまたDIYでブロックを積みました。
とりあえず4段。夜になって光の加減を見てみると。
いい感じ、ほぼ隣の家に光はあたってないと確認。
妻にも確認してもらうと、2階部分には当たってる。これではまた何を言われるか心配。
ということなので追加でもう2段、合計6段にしてみました。
今度は2階部分まで完全にフォローしています。
これでお隣の家、玄関、庭は真っ暗。夜に歩くのも大変そうです。
我が家は意外といい感じに収めることが出来ました。
アパート住まいの頃にはなかったご近所トラブルをいきなり体験してしまってビックリしました。
しかしながら無事に収めることも出来たし、それからはお隣ともそれなりにお付き合いはしていますがもう文句は言ってきません。
皆さんも自宅に外灯を取り付ける際にはご近所さんへの配光も考えて計画しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です