1軒家の借家の場合設備をよく見てください。未使用で綺麗でも耐久年数ってあるんですよ。

a3535190aef797b831a4763b20b344b3_m

賃貸物件で一軒家をかりました。
不動産屋さんで、新築物件を探しているときに、
この家は見ていただくとほんとにいい物件ですと言われたので
実際に気が乗らないまま現場へ見せていただきに行きました。

写真が白黒だったのですが、不動産屋さんの言われる通り
実際に家の外観を見たら綺麗な家でした。
10年たってましたが、中のお部屋は新品同様でした。

聞いたところ、大家さんが息子さんに家を建てたのだが
結婚する予定もなくそのまま住まずに10年たったらしく
ガスコンロなどの設備も10年たってましたが未使用で新品同様綺麗でしたし、

賃貸用に作られた物件ではないので、キッチンも充分な広さで質もハイグレードキッチンで
お風呂もとてもいい設備でしたので、気に入って、契約をしました。

さて、住みだして、一軒家なので
まるで自分の家が建ったかのように大事に使い、掃除もこまめに行いました。

大家さんの家が前にあるので、しょっちゅう野菜を頂いたり
何かと声をかけてきてくださった事が、いつも見られているように思えましたが
常に綺麗にしておく習慣がつきました。

3年ほどたったところで、
クリナップのキッチンの扉などのカラーのコーティングしてあるものが
はがれてきました。
すごい勢いで数か所はがれだしたので
故障として不動産屋さんに言うと
大家さんがやってきました。
見て帰られ
キッチンの業者に聞いてくださったら
10年もの間、あまり家の換気もせずいたので
湿気と感想で劣化し、コーティングしたものがはがれてきたそうです。
ですが、修理というよりこの場合、取り換えになるそうで
大きなお金がいるのでそのままで暮らしてくださいと言われました。
扉を開ければ
バリバリといってコーティングが剥がれ落ちてきましたので
そのまま使うことが困難で、
自分でボンドで貼り付け応急処置を行いました。
キッチンがいい設備だと思っていたので
ボロボロになってきててがっかりでした。

それから、
ウオッシュレットも水が漏れだしました。
それも修理にこられた業者の方が
経年劣化とおっしゃられてました。

だいたい10年が耐久年数だそうですが
まったく使ってない場合は壊れるのがもっと早くなるそうです。
それも新品にしないと修理代が高くつくので
新品にしました。

本来なら大家さんが直してくれるのかと思ったら
不動産屋さんに言われました。
契約書に設備が壊れたら1年は大家さん持ちですが2年以降は借主の責任ですと
そんなことを聞いて契約書をみたら確かにそんな内容が書かれていました。
仕方がなくウオッシュレットはないと困るので新しく買いました。

次々と・・・

c5f08d9b3d28817fab0c6940d01e012f_m

それからしばらくして、給湯器が壊れました。
もうお湯が出なくなり、ガス屋さんに来てもらったら
給湯器も経年劣化でした。

なんだか腹だたしくなりました。

だって、新品が設備についていたのではなく
いくら綺麗でも、使ってなくても
耐久年数切れたものが設備についていたのに
全部お金を払って設備を新しくしなくてはいけないものなのか?
もしこの家を出るときには
その設備を外して持って行けるわけでもないのに
ダメもとで主人が大家さんに言いに行きました。
すると給湯器は半額払ってくださった。

それでも納得いかなかったですが、
入居する際の設備をちゃんと見ずに
見た目で綺麗だとか
思い込んでしまった自分も問題だったなと思いました。

これからこういった、賃貸物件を探される方は
こういった設備にはどれぐらいの年式なのか??
耐久年数をしっかり把握されること
そして、契約書にその旨の説明をどのようにされているのか
よく見られることをオススメ致します。

私たち新婚だったので
一緒に住むことのうれしさや楽しさに舞い上がっていたので
そこまで思わなかったし、考えもしなかったです。

今思えば
いい勉強になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です