センスの合わない住宅メーカーで家を建てねばならないときに取った一手間で満足のいく家ができました

今住んでいる家は、住宅展示場などにもモデルルームのある最大手の住宅メーカーの一つで建てました。購入した土地が建築条件付きの土地だったためです。私は気密断熱の性能が高く、木の質感を感じられるナチュラルなテーストの家が好きなので、正直なところ、その住宅メーカーのセンスは合わないと思ったのですが、土地の条件が良かったため、苦渋の選択してしまいました。

以前建てた家は、輸入住宅に近いもので、窓も内側が木製で外側が樹脂の高気密二重窓でしたが、こちらのメーカーにはそのような部材の選択肢はなく、壁紙も、オプションで相当な金額を覚悟しなければ、ビニールクロスでないものにはできないし、床は無垢の木のフローリングにできますが、階段を同じ部材で揃えようとすると何十万円も追加料金がかかるなど、もともと坪単価の高い住宅である上に、こちらの希望を通したければ、さらに膨大な追加料金がかかることになりそうでした。

それでも、他の大手住宅メーカーよりも自由な設計をウリにしているということでしたので、詳細を詰めていきました。予算的な制約もありましたが、こだわったポイントはやはり気密断熱で、断熱材や気密構造はそのメーカーの中では高い基準(東北地方など向けの仕様)に変えていただきました。これは壁や床下全体に及ぶものでしたが、その割には60坪を超える二世帯住宅にもかかわらず、30万円台の追加でいけました。窓なども、そのメーカーの部材の中では一番気密性が高いタイプのものを選びました。これも20万円前後の追加料金になっているはずです。

家へのこだわり

f0d285782cd86f821537713ab6e606b3_m

もう一つのこだわりは、シックハウス対策で、壁紙と接着剤をそれほど高くないが信用できるドイツ製のものに変更していただきました。それから、シロアリ対策もピレスロイド系という農薬成分を使うのが標準的なようですが、今回の家は鉄骨なので構造材へのシロアリの浸食はないため、メーカーの対策を断り、自分で業者を探してきて、より安全なシロアリ対策を講じました。

もう一つ手間をかけたのが階段です。設計をいじっていくうちに、既存の階段が入らない箇所がでてきたこともあり、階段は既存の部材を使うのではなく、大工さんに作っていただくことで、それほど安くはなりませんでしたが、そのメーカーらしくない(?)ナチュラルなスケルトン階段を導入できました。スチールの手すりも手作りしてもらいました。

こうしていろいろと出費が重なったので、節約のためにDIYもしました。まず、床材とスケルトン階段は、節約するために、自らオイルを塗りました。さらに、壁紙の上にドイツ製の塗料を塗ったのですが、色を自ら調合する個室については、依頼すると白一色の部屋よりも高く付くということでしたので、寝室と子ども部屋二部屋の塗料の色の調合と塗装を自分でやりました。

結果として、気密断熱の試験では、そのメーカーとしてかなり良い数値が出ました。また、外観はそのメーカーらしいたたずまいではありますが、一歩家に入ればそのメーカーの家には見えない内装になったのではないかと思います。

総額も、当初の見積金額とはさほど変わらないレベルで済みました。

私が今まで住んでいた家

■生まれてから5歳まで住んだ大きな一戸建て
私がまだ下町に住んでいたころの家は、以前会計事務所をしていたこともあり大き目。まだ子供だった私ですが、自分の部屋とは別に「玩具部屋」というものがあり、8畳ほどの広さでレンタルしたブランコや体がすっぽり入る段ボールで作ったトンネルなど、家の中にあるものとしては豪華な遊具が置いてありました。さらにそれとは別に、母との共同の「自分の部屋」の中にジャングルジムがあり、広々としていて遊ぶには困らない生活をしていました。
駐車場は3台停められるスペースがあり、父の友達や祖父母が遊びに来た時に気軽に停めることができました。
そんな豪華な家でしたが、父が下町での生活に嫌気がさし郊外へ引っ越しすることが決まってしまいました。

■結婚するまで住んだ郊外の一戸建て
郊外に引っ越してから住んでいた家は新築でしたが、下町の頃に比べると半分にも満たないような広さの3階建て。なんとも狭い家でした。
玩具部屋は無くなり、自分の部屋は貰えましたが母の洋服入れを置く場所がなかったため私の部屋に置くことになりました。
母の部屋は和室の4畳半、父の部屋は6畳ですが母の寝室でもあり、といった今まで余裕のあった部屋割りが、見る影もなくなってしまいました。
子供ながらに狭い家だと思っていましたが、慣れてくれば問題なく生活することができました。
そして私が結婚してからは、父と母は老後の為に1階だけでも生活できるようリフォームを行いました。一階に駐車場もあるため、どうしても狭くなってしまうのですが、以前2階にあったリビングは1階に作り替え、2階にあったリビングは父の趣味の部屋になりました。そして私の部屋だった場所は母の部屋に。さらに母の部屋だった4畳半は、これから生まれる私の娘の為の部屋になるそうです。ゆくゆくは旦那も一緒に泊まれるように整理したいと話しています。

 

賃貸マンションだと・・・

9e17308d13d89a75ecd25c7fc2df0312_m

■現在の私が住む賃貸マンション
結婚してからは実家から車で40分ほどの場所にマンションを借りています。2LDKであり、周辺に学校が多いせいかマンションの住人のほとんどは2~3人の子連れの家族です。幼稚園の送り迎え・小学校の登下校の際は周囲がにぎやかになりますが、鉄骨で作られている為か子供の声はそれほど気になりません。隣に引っ越してきた夫婦は「0歳児がいるので泣き声がうるさいかもしれません…」と挨拶した時に心配されていましたが、うるさいと感じたことはありません。窓を開けていればそれなりに声が聞こえることもありますが、夜は締め切っているので快適です。
今はまだ旦那と二人暮らしなので、14畳のリビングは広すぎるくらいですが、子供が生まれることを考えるとちょうどいいのかなと思っています。

お互い様の精神を大切に。

私は一戸建ての家を持っています。
昨年の夏、家の前で手持ち花火をして孫や娘と楽しんでおりました。
家の前の道は細い路地のような道でその通りに住んでいる人だけが亨ような道です。
夜の7時から20分ほどだけ、娘が持参した手持ち花火を13本だけやりました。
もちろんご近所への迷惑を考えて、早い時間帯で少ない本数にしたのです。
数も少ないのですぐに終わり、解散しようと立ち話をしていたところに1台のバイクが・・・
警察でした。
ご近所からの通報で「花火をやっている。子供が泣いてうるさい。」という内容の通報だったそうです。
まず孫は泣いていません。
まだ話せる年齢でもないので、泣くどころか父親に抱かれて不思議そうにだまって花火を見ていました。
「すみません!えっ?でも泣いてないです・・」
と言うとおまわりさんも、あれ?といった感じでしたが「細い道ですし、お年寄りも多いので・・まだ早い時間なんですけどね。私たちも通報があった以上は来ないといけないので・・」とおっしゃってました。
なんだかおまわりさんにも申し訳なくなってきました。
特に面白いこともなかったので大人たちもたんたんと花火をしておりましたので、笑い声や騒ぎ声がうるさかったということもないと思います。
手持ち花火13本と言えども多少煙は出ますし、迷惑に感じる人もいるかもしれまん。
すぐ近くに川や公園がありますが、どちらも花火は禁止されています。
小さな子供に手持ち花火すら見せてやることもできない現状に寂しさを覚えました。
コンビニにもスーパーにも花火は売っているのに、キャンプ場にでも行かないとできないなんて・・・

本当に必要な通報だったのでしょうか・・・

2e9eeb86e19601081c8a9365b7b2f7c2_m

あの花火を買った人たちはいったいどこで花火をしているのでしょうか。
こんなことで通報される世の中は怖いなと思いました。
頻繁にご迷惑をおかけしているならまだしも数年に1回手持ち花火を13本、それも7時にやっただけで・・
花火なんかしていなくても夕方を過ぎて家の前で話しているだけで通報されてしまいそうです。
お互い様の精神がもう少しあれば、優しいご近所付き合いが出来ると思うのですが。
長年この場所に住んでいますが、やはり昔と比べてご近所付き合いがなくなってきているからかもしれません。
向かいには単身者用のマンションが建ち、向かい同士に住んでいても顔すらも知らない人がたくさんいます。
これからの時代を支えてくれる子供が、もっと楽しく快適に過ごせる世の中に変わってほしいと、切に願います。

やりたい放題の近所のママと子供たち

実家に近く静かで環境もよかったため、200世帯程度の分譲地に戸建て住宅を購入しました。私は結婚したばかりだったので夫婦2人暮らしで仕事を続けていましたが、ほとんどの世帯は夫婦と小さい子供がいる家庭でした。

夕方疲れて仕事から車で帰ってくると、私の家の前の道路には三輪車やフラフープなどおもちゃが散乱し、子供はあちこち走り回って遊び、ママさん同士でワイワイとおしゃべりしていて車庫入れなんてできる状況ではありませんでした。ゆっくり車で近づくとママたちが私の車に気づき、おもちゃを端に寄せたり子供を呼び寄せたり、片付くまでしばらく待った後で何とか車庫入れできました。車から出ると、「ごめんなさいね。」と言ってはくれますが、夕方仕事から帰ると毎回このような状況なのです。

休みの日も子供がギャーギャー騒いだり泣いたりしているし、ママさん同士のおしゃべりもうるさいしでゆっくり休めるような状況ではありませんでした。テレビを見ていても、外の声がうるさく窓を閉めて音量を上げなければ聞こえません。出かけようと思っても、いつものように家の前におもちゃが散乱しているため車を出しにくく、親子が昼ごはんで帰るのを待ってから出かけるということもありました。

自分の家なのになんでこんなに不自由な思いをしなければならないのかと思いましたが、賃貸と違ってずっと住み続ける家なので近所との人間関係は良好に保っておきたいのです。歩いてすぐのところに公園があるので、家の前でなくそこで子供たちを遊ばせたらいいのにとイライラが募る日々でした。

子育てと社会的マナーの躾

d8f327c8dcd8800ea9c80b0554541983_m

確かに子育て世代が大多数を占めていますが、中年夫婦だけの世帯や子供のいない世帯もあります。それなのに近所迷惑を考えず、我が物顔で遊ぶ親子に怒り心頭でした。その子供たちが小学生になり子供だけで遊ぶようになると、それはそれでまた大変です。我が家にも子供が生まれ保育園に預けて働いていましたが、仕事から帰ってくると、植木鉢がひっくり返っていたり、お気に入りのガーデンライトが折れていたり、お菓子のごみが落ちていたりとまたイライラすることが多いのです。休みの日に見ていると、家の前で近所の子供たちが集まりサッカーやドッジボールをして遊んでいるのです。車にボールが当たっても気にしないし、庭にボールが入っても勝手に門を開けて取りに来ます。

子供のいない世帯が苦情を言ったのか知りませんが、家の前でのボール遊びはやめましょうという回覧板が回ったことがあります。その時はこれでボール遊びはなくなるとホッとしましたが、回覧板が回った後も子供たちのボール遊びは変わらず親も注意はしません。

昔のように子供たちを注意する怖いおじさんでもいればいいのですが、近所付き合いを考えると子供たちに注意しにくくストレスがたまる毎日です。

1軒家の借家の場合設備をよく見てください。未使用で綺麗でも耐久年数ってあるんですよ。

賃貸物件で一軒家をかりました。
不動産屋さんで、新築物件を探しているときに、
この家は見ていただくとほんとにいい物件ですと言われたので
実際に気が乗らないまま現場へ見せていただきに行きました。

写真が白黒だったのですが、不動産屋さんの言われる通り
実際に家の外観を見たら綺麗な家でした。
10年たってましたが、中のお部屋は新品同様でした。

聞いたところ、大家さんが息子さんに家を建てたのだが
結婚する予定もなくそのまま住まずに10年たったらしく
ガスコンロなどの設備も10年たってましたが未使用で新品同様綺麗でしたし、

賃貸用に作られた物件ではないので、キッチンも充分な広さで質もハイグレードキッチンで
お風呂もとてもいい設備でしたので、気に入って、契約をしました。

さて、住みだして、一軒家なので
まるで自分の家が建ったかのように大事に使い、掃除もこまめに行いました。

大家さんの家が前にあるので、しょっちゅう野菜を頂いたり
何かと声をかけてきてくださった事が、いつも見られているように思えましたが
常に綺麗にしておく習慣がつきました。

3年ほどたったところで、
クリナップのキッチンの扉などのカラーのコーティングしてあるものが
はがれてきました。
すごい勢いで数か所はがれだしたので
故障として不動産屋さんに言うと
大家さんがやってきました。
見て帰られ
キッチンの業者に聞いてくださったら
10年もの間、あまり家の換気もせずいたので
湿気と感想で劣化し、コーティングしたものがはがれてきたそうです。
ですが、修理というよりこの場合、取り換えになるそうで
大きなお金がいるのでそのままで暮らしてくださいと言われました。
扉を開ければ
バリバリといってコーティングが剥がれ落ちてきましたので
そのまま使うことが困難で、
自分でボンドで貼り付け応急処置を行いました。
キッチンがいい設備だと思っていたので
ボロボロになってきててがっかりでした。

それから、
ウオッシュレットも水が漏れだしました。
それも修理にこられた業者の方が
経年劣化とおっしゃられてました。

だいたい10年が耐久年数だそうですが
まったく使ってない場合は壊れるのがもっと早くなるそうです。
それも新品にしないと修理代が高くつくので
新品にしました。

本来なら大家さんが直してくれるのかと思ったら
不動産屋さんに言われました。
契約書に設備が壊れたら1年は大家さん持ちですが2年以降は借主の責任ですと
そんなことを聞いて契約書をみたら確かにそんな内容が書かれていました。
仕方がなくウオッシュレットはないと困るので新しく買いました。

次々と・・・

c5f08d9b3d28817fab0c6940d01e012f_m

それからしばらくして、給湯器が壊れました。
もうお湯が出なくなり、ガス屋さんに来てもらったら
給湯器も経年劣化でした。

なんだか腹だたしくなりました。

だって、新品が設備についていたのではなく
いくら綺麗でも、使ってなくても
耐久年数切れたものが設備についていたのに
全部お金を払って設備を新しくしなくてはいけないものなのか?
もしこの家を出るときには
その設備を外して持って行けるわけでもないのに
ダメもとで主人が大家さんに言いに行きました。
すると給湯器は半額払ってくださった。

それでも納得いかなかったですが、
入居する際の設備をちゃんと見ずに
見た目で綺麗だとか
思い込んでしまった自分も問題だったなと思いました。

これからこういった、賃貸物件を探される方は
こういった設備にはどれぐらいの年式なのか??
耐久年数をしっかり把握されること
そして、契約書にその旨の説明をどのようにされているのか
よく見られることをオススメ致します。

私たち新婚だったので
一緒に住むことのうれしさや楽しさに舞い上がっていたので
そこまで思わなかったし、考えもしなかったです。

今思えば
いい勉強になりました。