満足度の高い住宅設備、蓄熱暖房機

我が家では、新築の時に蓄熱暖房機を導入しました。これは、深夜電力が安いから使える設備で、冬場はこれだけで一ヶ月に1000kwh前後、最大の月では1300kwh以上も消費してしまう、ある意味では非常に恐ろしい設備もあります(我が家における8kwの蓄熱暖房機の場合)。

原発は嫌だと思いながらもこんな設備を導入しているのは、ある意味深刻な矛盾ではあるのですが、寒がりなので輻射熱による暖房には捨てがたい魅力があるのです。原発が廃止になれば、深夜電力も高くなるでしょうから、他の暖房に切り替えることになるだろうことが、欠点と言えば欠点です。

蓄熱暖房機は、本体に内蔵されている圧縮煉瓦に電熱線が通っており、この電熱線を深夜に通電させて煉瓦に熱を蓄え、生活時間帯にその熱をファンで送り出して部屋を暖める機械です。ファンが回っていない時も、本体から発散される熱で部屋はほんのり暖かい状態が維持されます。本体は火傷するほどには熱くなりません。

冬場は最低気温が0度前後の日が続く地域ですが、26畳のLDKに8kwの蓄熱暖房機で十分に暖かいです(大体室温23~24度)。昼間はLDKを閉めきり、寝るときはすべてのドアを開けて家中をそれなりの温度(18度くらいでしょうか)にする、という使い方をしており、子ども部屋以外ではほとんど暖房を使わずに済んでいます。このような使い方でも、寝室では他の暖房器具は一切使っていなくても、羽布団一枚だけで十分快適です。

蓄熱暖房機はエアコンより・・・?

dfd0dfda38fd0d3670e349d59ced30d6_m

エアコンとの違いは、ファンが切れても輻射熱で部屋が暖められているせいか、本体に熱が残っているせいか、室温が下がるのもゆっくりで、熱が長持ちする感じがすることです。エアコンよりも全身が温かい感じもします。

ただ、他の暖房器具と違い、夜間に熱を蓄えておくので、翌日の天気が予想外に寒かったり暑かったりしたときには対応ができないという問題があります。春や秋には蓄熱量を調整するのですが(0%~100%)、予想よりも暖かい日には部屋は暑くなりすぎます。この場合は窓を開ければいいわけですが、予想よりも寒い日だと蓄熱量が足りなくなり、たまにしかないことではありますが、補助的にエアコンに頼ることになります。

それと、本体がかなり大きいので、夏には使わない設備と言うこともあり、邪魔だと感じることもあるかもしれません。我が家では、腰高窓の下に設置していますので、さほど気にはなりません。

我が家の浄化槽は不良?

私の家は建売です。
新規分譲地の1軒を買いました。
それなので、建築途中は見ていません。
私は建築関係の仕事をしていて住宅を見る目はある程度あります。
そんな私が購入時に気になったこと、それは浄化槽の蓋の部分の周りがコンクリートを打ってないということ。
私の記憶では浄化槽の上の部分にはコンクリートで周りの水や土が入っていかないようにしなければいけない。
というもの、しかしそれを不動産業者の担当さんに聞いてみると。
そうなんですか?確かにコンクリート打ってないのは殆ど見ませんが。確認しておきます。
ということ。まぁ、不動産会社はその辺は詳しくなくても当然か。と思い、今度は売り主のハウスメーカーの担当者さんにおなじ質問。
すると。そうなんですか?私の会社ではこれが普通でコンクリートは通常打っていません。
これで今まで文句を言われたこともないし、不良工事だと指摘されたこともありませんよ。
なので大丈夫だと思います。との返答。
ふむ、私も専門職ではないのでそうだったのか。程度に納得しました。
そして、契約や引っ越しを終えて。
浄化槽の定期点検をしてもらう業者さんとの契約をします。
するとその業者さんが。これで工事は完了ですか?との質問。
なんのことを言っているのかわからず聞いてみると。
通常浄化槽の保護の観点から見て、上の部分はコンクリートを打つんですよ。と
理由は違ったけどやっぱり。
もう一度ハウスメーカーさんに電話で相談。
しかし、返答は同じ。不良工事ではない。会社としては何も出来ない。とのこと。
うーん、納得行かないけど確かに強制事項ではないのかな。

県の指定した業者からの点検では・・・

3f31cb6071cc78effb196b6a4c7cd399_m
さらに数ヶ月が経ち、今度は県の指定した業者からの点検。
いくつもの点検項目を点検していきます。
その業者さんが来て話しをすると、この浄化槽は届け出は出ていますが、施工業者の記述が抜けているので訂正する必要があります。
と言います。
そんな事言われても、建売で施工後に買ったものなので施工業者なんてわかりません。
しかも、前にも言われたコンクリートの問題も指摘され。
書類には適合のところにチェックはなく、不適合でもなく。
要改修となっています。やっぱり改修の必要があるんじゃないか。
もうなんだかわからなくなってきたけど、やっぱりハウスメーカーさんに電話で相談。
すると、やっぱりコンクリートに関しては会社としては何も出来ない。施工業者の名前が抜けていることに関しては。
抜けていたらそもそも申請が出来ないので、抜けているはずがない。相手側が持ってきた資料が間違っているんじゃないか。って
おいおい、県から持ってきた資料が間違っていたのならそちらから出した資料が間違っているって事なんじゃないのかな?
そんな質問を持ちながらも話しが進みそうもないので検討してください。と電話をガチャリ
そして不動産会社の担当さんに電話をしてみると。独立のため退職したと。
なんとも八方塞がり。
それから半年経ちますが、ハウスメーカーからの連絡はありません。
いつかはDIYで、とも思いますが。近々来そうな本下水を待とうと思います。

最高の空間利用となりました。

自分の長年の夢でありました事をついに実現しました。
自宅に温泉の様なスペースを作る事でした。
私は、現在に自分の自宅をリフォームして屋上部分に家族で利用出来るお風呂を作りました。
自分は、女性企業家としての道を進んでおりますが、自分の自宅を会社として利用しており、従業員さん達にも温泉好きの方が沢山おり、仕事が終わってから一汗流して帰宅してもらえる様になりたいと密かに思いつつ起業に精をだしておりました。

その夢を今年ついに実現の運びとなりました。
嬉しい事に、女で一つ起業をした私を慰労しようと子供達が密かに、この自宅温泉の構築について検討していたのです。
そして、今年になり工事がスタートなり、嬉しい事にこの春完成となりました。

自宅兼住宅の屋上部分をリフォームする形で、完成させる事が出来、おまけに私の大好きな岩盤浴の設置もしました。
1日疲れた身体を岩盤の上で、たっぷりと癒す事が出来る時間も持つ事が出来る様になりました。

45歳で、この自宅兼会社の不動産を取得して起業を開始して、3名の従業員さんにお手伝いして頂き現在に到ります。
5年後にこうした素敵なリフォームで、夢の温泉施設を自宅持つ事が出来たなんて、夢の様な気持ちで一杯です。

これも温泉効果・・・?

0da314e13c4114e3baffc10a7ac3a8dd_m

現在は、とても自分達だけではもったいない空間との気持ちから従業員さんの家族さんの毎日の様に利用してくれており、この不動産がこんなにも人のつながりを濃くしてくれたことに感謝しております。
地域にも、私の自宅兼会社の空間に温泉みたいなものが出来た事が、いい噂となり今まで近くに住んでいながら、ご縁がなかった近隣住民の方と親交を深める事が出来る様になった事も、財産となっております。

こうしたリフォームが出来た事で、人のつながりの大切さを痛感する事が出来る様になった事で、自分として人生のフィールドが広がった様に感じております。
地域の方に自分の会社の事をアピールする事も出来ました。
事業内容が、福祉作業所という事もあり、地域住民の方を大切にしてこそ成り立つ事業でありますから、この温泉施設の設置によって、我作業所にもプラスに働いく事になりました。たまたま、自分の慰労という事で子供達がプレゼントしてくれた空間がこんなにも大きな意味を残す事になった事に感謝しております。
今後共、この不動産を大切に守り、近隣のお役に立てる空間の利用になる様頑張って行きたいと思っております。不動産が果たしてくれた良縁でした。

光害?いきなりの洗礼

これはつい先日の話しです。
私は半年ほど前に分譲建売を購入し、念願の一戸建てに住み始めました。
元々電気工事を仕事にしていた私は念願の一戸建てを手に入れたこともあり、自分の好きにいじろうと考えました。
まず思いついたのが、駐車場が暗い、駐車場に電気をつけよう。ということでした。
そこでDIYにて駐車場に電気を取り付けて車での作業を楽に、ついでなので庭を歩くために照らすアプローチライトも取り付けました。
よし!明るくなった、これで暗くなってからの駐車場で荷物の出し入れも楽になるし、玄関まで歩いて行くのにも楽になる。
そう思っていました。
それから数日後。
仕事から帰ると郵便ポストに隣の家からの書き置きが。
「明るい電気をつけたせいで我が家が照らされているようで落ち着きません。玄関の電気を消してもあなたの家の電気が明るくてついでいるのかと思って何度も確認してしまいました、対処してください。」
夜になると真っ暗な道路。お隣の家の玄関灯もとても暗く防犯的にもよろしくないとも思い取り付けたライト。
なのに明るすぎるということなんだろうか?もしも自分の家だったらどうだろう。
と、考えてみるも明るいほうが私はいい。
何せ田舎なのもあって、消してしまっては真っ暗なのです。
しかしこちらは新参者。アパートなら嫌なら引っ越していけばいいものの、念願の一戸建てを購入したのでこれから先長く住んでいかなければなりません。
ここはグッとこらえて言われるがまま対処することにしました。

光への配慮

bd49ddc26c5e5255f0425626464a36af_m
まずは駐車場用ライトをお隣さんの家に光が当たらないようにします。
ライトを取り付けてあった面から違う面に取り付け直します。
これで隣の家へは完全に光が行きません。
次に庭につけたアプローチライトですが、これは向きを変えるわけにはいかず。
どうしようか迷った末に出した結論は、隣に壁を作ってしまう。
これまたDIYでブロックを積みました。
とりあえず4段。夜になって光の加減を見てみると。
いい感じ、ほぼ隣の家に光はあたってないと確認。
妻にも確認してもらうと、2階部分には当たってる。これではまた何を言われるか心配。
ということなので追加でもう2段、合計6段にしてみました。
今度は2階部分まで完全にフォローしています。
これでお隣の家、玄関、庭は真っ暗。夜に歩くのも大変そうです。
我が家は意外といい感じに収めることが出来ました。
アパート住まいの頃にはなかったご近所トラブルをいきなり体験してしまってビックリしました。
しかしながら無事に収めることも出来たし、それからはお隣ともそれなりにお付き合いはしていますがもう文句は言ってきません。
皆さんも自宅に外灯を取り付ける際にはご近所さんへの配光も考えて計画しましょう。